浜松餃子について

簡単にいうと浜松で製造された餃子です。

もちろん、これだけではなくもっと特徴があります。

食材は

キャベツ:浜松で生産が盛んだった

玉ねぎ:有名産地だが、昔から盛んに作られていた。

豚肉:元々養豚業が盛んで餃子にこってりした味を出すのに重要

もやしを真ん中に


キャベツが中心ですのでわりとあっさりめなのです。


円形焼き

浜松餃子の焼き方の特徴である円形焼きは、美味しさが全ての始まりだったのです。そして、円形に焼いた結果、これを数人前に分けるのではなく、それそのものが商品となってしまいました。何故なら、あっさり味の浜松餃子は、いくらでも食べる事が出来たからです。


なぜモヤシが真ん中に

かつての餃子の焼き方によるというもの。今のように専用の四角い餃子焼き器がない時代には、丸いフライパンで餃子を焼いていたが、フライパンの中にぐるっと円を描くようにして餃子を並べると、どうしても真ん中に隙間が出来てしまう。皿に盛ったときにそれでは見栄えが悪いので、茹でたもやしをサービスとして真ん中に添えたという訳です。

油っぽくなった口をスッキリさせるのにとてもありがたいです。


浜松餃子の美味しさ

他の餃子と違い浜松餃子にはニラくさいとか、脂っこさが無くキャベツ、玉ねぎであっさり
焼くとカリっとするのに、中はモッチモチでジューシーで何個でも食べられる味です。

ご当地グルメ!浜松餃子学会認定「浜松餃子」45個入 ご当地グルメ!浜松餃子学会認定「浜松餃子」60個入

 

 

静岡B級グルメ対決「富士宮やきそば 200g×3食」Vs「浜松餃子 300g(15粒)×2トレイ」シリーズA 静岡B級グルメ対決「富士宮やきそば 200g×3食」Vs「浜松餃子 300g(15粒)×3トレイ」シリーズB